So-net無料ブログ作成
検索選択

9/18 うた毛 言葉の闇鍋 朗読長屋vol.31 [うた毛開催]

s0150l.jpg 20050811_44399-3.JPG

 夜半僅かに涼しい風が吹くようになりました。夕焼けも読書欲もすっかり秋なのですが、夏から暑さだけ連れてきてしまったような今日この頃。当日はもう少しなんとかなっているかしらん。

 「柿食えば鐘が鳴るなり法隆寺 」

ということで、今回はちょっと気が早いのですが、NHKのドラマ「坂の上の雲」の第2部が始まるぞっということで、正岡子規とその俳句にみんなで接してみようと思います。

開催日時:2010年09月18日(土曜日 16:00 Open 〜 21:00 Close)
会 場:千石空房 (http://sengokukubo.com/
    (都営三田線千石駅より徒歩8分、TEL/FAX 03-6313-4074)
参加費:1000円(1Drink付き)

☆うた毛とは…☆
 素敵で詩的な文芸Worldを、ゆるゆるわいわい楽しんで、新たな知的好奇心をくすぐりあいましょうっというコンセプトの文系イベントです。気楽極楽な敷居の低い、初心者大歓迎の集まりです。ぜひぜひ遊びにきてください。

○さわさわ茶話会
 まずはじわじわ集まって、お茶とお菓子とお話で盛り上がりましょう。
 今回は正岡子規も食べたかもしれない?? 松山銘菓とそれに合いそうなお茶、これは外せない、愛媛の正しいよいみかん・ポンジュースを用意します。

○『正岡子規とその俳句』
 今回はついに禁断の正岡子規(http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%AD%A3%E5%B2%A1%E5%AD%90%E8%A6%8F)です! あなたも昔、国語の教科書に載っていたあの写真に落書きしたことがあるでしょう!!
 女将、子規と同じ同郷愛媛ということで、親しみはあるけどよく知らないということで、なかなか手を出せない子規でしたが、この度、やっと手に取りました。皆さんと一緒に鑑賞していきたいと思います。 
 いつものことですが、こちらは正岡子規に関して、一般的なレベルに毛が生えたくらいしか知りません。お詳しい方、大好きな方いらっしゃいましたら、ぜひぜひ参加してご存知のことをお話し頂けると嬉しいです。女将も絶賛勉強中です〜。

○ 夜に向かって話しかけてみる
 オープンマイクの枠を設けています。
 詩・文章の朗読だけでなく、歌(アカペラ・アコースティック)、ひとり芝居etc…、マイクを通さない生の音、声でのパフォーマンスしてくれる方を募集 します!
 パフォーマンス頂いた方には、女将が一杯奢りますw
 もちろん観客のみの参加もOKです。
 会場は静かな町の中にある築80年の長屋。
 なにやら懐かしい和の雰囲気も味わってください。

○ことばを肴に戯れてみる
 歓談のお供に、おつまみ、ドリンクご用意します。
 今回のおつまみ・お酒はやはり四国松山を紹介できるようなものを、新橋のアンテナショップから 見繕ってこようと思います。
 
 お問い合わせ、参加申し込みは女将のおもとなほまでメール(nekoniku9@nifty.com)をよろしくおねがいします。
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(1) 

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。