So-net無料ブログ作成

ご無沙汰しております…うた毛詩集2ーはじめにーの抜粋 [うた毛女将のひとりごと]

utage2.jpg

暫く更新ストップしておりました。
しかも、イベント「うた毛」は定期開催、現在ストップしております(汗)
しかし!うた毛、無くなった訳ではございません。
地下活動しておりますw

そのイッカンとして、また本を作りました。

どんな本かというと、「うた毛詩集2」です。

以下、ーはじめにー部分の抜粋です。

はじめに
 今回の「うた毛ぼん」は「うた毛詩集2」です。
 「うた毛ぼん」シリーズは、 ― 言葉の闇鍋 朗読長屋 ― 詩人酒場「 うた毛」という言葉と表現の文系イベント(現在不定期開催)から派生したオアソビの一つです。今までに一冊の詩集と三冊の文集を作りました。 
 今回の「うた毛詩集2」は、【詩とはどんなものかしら?】というテーマです。
 このテーマを思い付いたのは、第十二回文学フリマに参加した時、「詩歌を読んで/書いてみたいんだけど、どうしていいのかよく分からない」、「どうやって思いつくんですか?」等の声をちらほら耳にしたからです。
 むう。そういえば自分はどんな風にして、今のように詩を書いたり、読んだりするようになったんだろう。何となく、自然にそれは身近なことだったので、深く考えたことがないことに気がつきました。何か入門書とか、読んだこともないし、誰かに習ってはじめたという訳でもない。そして、周りの詩歌をやっている人たちに、そういった質問をすることもありませんでした。謎です。
 自問自答も含めて、気になり出すと止まりません。みんなどんな風に詩歌をはじめて、どんな風に創作しているのだろうと思い、普段から詩歌に親しんでいる「うた毛」参加者の方たちに声を掛け、作品と、詩歌に関するアンケートを合わせた本を作ってみようと思い立ちました。
 もしかしたら、これからはじめたいと思っている人たちへのヒントとなる何かが、この本の中に見つけられるかもしれません。そして、そうだといいなあと思っています。
 もちろん、詩のアンソロジーとしても充分読み応えのある作品を掲載することが出来ました。
 作品を快く掲載させて下さったうた毛詩人のみなさん、ありがとうございました。
 どうぞ、「うた毛詩集2」、お楽しみください。

詩人酒場 うた毛 女将 おもと なほ


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。