So-net無料ブログ作成
検索選択

連載小説・愛飢雄の苦悩 おもとなほ

(第12回文学フリマで配布した「ホタルナ商店街かわら版0号」に掲載したものです。)
「深海からサルページしたいほど愛してると言われたい…」
 浅い眠りの中、浮かんできた言葉。
 そうか、自分は、それほど愛を、そんな大事業的なレベルで求めているのか。あっこりゃまびっくり。目覚めと同時に小さな溜息をついた。
 ここ数ヶ月、こんな調子で朝を迎ている。
 ことの始まりは、あの原発事故のせいだ。
 妻が息子を連れて九州の実家に帰ってしまった。正しくは放射能汚染を避けるために疎開した。
 事故後、妻は慌ただしく荷物をまとめ、「子供のためだから!」と告げて家を後にした。もちろん私は少し躊躇しながらも「その方がいい」と送り出だした。自分も仕事等もろもろを整理したらすぐに追いつくと告げると、妻はこう言った。
「あなたは東京に残って仕事してくれないと生活費はどうするのよ。あと、花の水やりもあるし…」
 え?? 耳を疑った。確かに成人男性は女性や子供に比べれば被爆の危険性は低い。お金だってもちろん必要だ。九州に行ったからといって、すぐに仕事にありつけるとは思えない。が、しかし、花の水やり!?
「私たちだって、ずっと実家にいる訳にもいかないし…家の方、よろしく!」
 そして妻は、この春小学3年生になる息子を連れて、新幹線に飛び乗った。
 あぜん…。
 確かにこの未曾有の自体に、誰もが平静ではいられないだろう。多少なりとも妻はパニックを起こして、自分でも何を言っているのかよく分かっていないに違いない。
 しかし、こういう事態だからこそ、普段口に出さない本音が出てしまったとも考えられる。妻にとって私の存在は、彼女の育てている花よりも軽いということだ。あんなにお互い愛し合って一緒になったはずなのに、十数年の年月の中で、どうしてこんな風になってしまったのだろうか……まま、それはともかくとして、普段どちらかというとおっとりとしたタイプだと思っていた妻の今回の素早い行動はやはり本能的なものなのであろうか。母は強し、だ。
 が、しかし、この原発事故と母性との組み合わせが、私の封印していた過去を呼び起こす鍵となり、私の苦悩を一気に増大させる結果となったのだ。
(続く)

【告知】うた毛詩集2を売りに文学フリマに行くよ [イベント]

utage2.jpg

ということで、出来ました。

うた毛詩集2

今まで年に1冊くらいの割合で…結局トータルでは6冊目になるですよ。
もう、印刷屋さんへの入稿もバッチシ!
…アップロード失敗していて気がついたのが1日後…キャー!!
しかし無事できあがりました。よかったよかったぴかぴか(新しい)

今回、表紙イラストは椎名旦(あきら)さんにお願いしました♪ かばいいでしょ♪

今回は今までとはいろいろ趣向を変えてやってみたのですが、一番の特徴は詩のアンソロジーと詩歌に関するアンケートの二部構成になっているところです。

「はじめに」の抜粋(http://nagayanoutage.blog.so-net.ne.jp/2011-11-01

私の拙い編集力を参加者の皆さんの作品でカバーして頂いております!
なかなか読み応えがある本が出来たと思います!!

ということで、11月3日の文学フリマに出店して1冊400円で販売します。今までのうた毛ぼんのバックナンバーも売ります~。
最近、個人サークルとして立ち上げた「猫の手印刷」で出店します。
2階Fホールエ-29です。

この看板が目印

猫の手印刷.jpg

の予定。

で、文学フリマの詳細はこちら
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
第十三回文学フリマ開催情報 http://bunfree.net/
開催日 2011年11月3日(木祝)
開催時間 11:00~16:00
会場 東京流通センター 第二展示場(E・Fホール)
アクセス 東京モノレール「流通センター駅」徒歩1分
一般参加方法 入場無料・どなたでもご来場いただけます
(サークルカタログ無料配布、なくなり次第終了)
主催 文学フリマ事務
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ぜひぜひお誘い合わせの上、遊びに入らしてください。

また、当日来られないけど、本に興味ある、という嬉しい方がいらっしゃりましたら御連絡下さい。

あと、行商もやる予定です。持ち歩いておりますので、私に会いましたら、買って下さい、ぜひぜひ、お願いします。よろしくです~。

ご無沙汰しております…うた毛詩集2ーはじめにーの抜粋 [うた毛女将のひとりごと]

utage2.jpg

暫く更新ストップしておりました。
しかも、イベント「うた毛」は定期開催、現在ストップしております(汗)
しかし!うた毛、無くなった訳ではございません。
地下活動しておりますw

そのイッカンとして、また本を作りました。

どんな本かというと、「うた毛詩集2」です。

以下、ーはじめにー部分の抜粋です。

はじめに
 今回の「うた毛ぼん」は「うた毛詩集2」です。
 「うた毛ぼん」シリーズは、 ― 言葉の闇鍋 朗読長屋 ― 詩人酒場「 うた毛」という言葉と表現の文系イベント(現在不定期開催)から派生したオアソビの一つです。今までに一冊の詩集と三冊の文集を作りました。 
 今回の「うた毛詩集2」は、【詩とはどんなものかしら?】というテーマです。
 このテーマを思い付いたのは、第十二回文学フリマに参加した時、「詩歌を読んで/書いてみたいんだけど、どうしていいのかよく分からない」、「どうやって思いつくんですか?」等の声をちらほら耳にしたからです。
 むう。そういえば自分はどんな風にして、今のように詩を書いたり、読んだりするようになったんだろう。何となく、自然にそれは身近なことだったので、深く考えたことがないことに気がつきました。何か入門書とか、読んだこともないし、誰かに習ってはじめたという訳でもない。そして、周りの詩歌をやっている人たちに、そういった質問をすることもありませんでした。謎です。
 自問自答も含めて、気になり出すと止まりません。みんなどんな風に詩歌をはじめて、どんな風に創作しているのだろうと思い、普段から詩歌に親しんでいる「うた毛」参加者の方たちに声を掛け、作品と、詩歌に関するアンケートを合わせた本を作ってみようと思い立ちました。
 もしかしたら、これからはじめたいと思っている人たちへのヒントとなる何かが、この本の中に見つけられるかもしれません。そして、そうだといいなあと思っています。
 もちろん、詩のアンソロジーとしても充分読み応えのある作品を掲載することが出来ました。
 作品を快く掲載させて下さったうた毛詩人のみなさん、ありがとうございました。
 どうぞ、「うた毛詩集2」、お楽しみください。

詩人酒場 うた毛 女将 おもと なほ


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。